確実に妊娠を防ぎたいとお考えの女性は、低用量ピルを使いましょう。低用量ピルを正しく服用することで確実に避妊することが可能となります。それでは、低用量ピルについて説明していきます。

  • ホーム
  • 低用量ピルの避妊以外の効果は?

低用量ピルの避妊以外の効果は?

カプセルと葉

低用量ピルは避妊のために使われるものだと思われがちですが、実は他にも多くの効果があります。
低用量ピルに配合されているのは女性ホルモンです。
服用すると血中の女性ホルモンの濃度がコントロールできるため、身体が妊娠しているという誤解をしてしまいます。
これにより子宮内膜を作る働きがあるエストロゲンの分泌量がコントロールされるので、子宮内膜が普段のの月経の時のように厚くなることがありません。
これにより子宮内膜に含まれているプロスタグランジンという成分が少なくなります。
プロスタグランジンは子宮の筋肉を収縮させることにより経血の排出を促していますが、過剰に分泌されることで生理痛が起こってしまいます。
この作用により低用量ピルを服用すると生理痛が軽減されます。
また、子宮内膜は本来子宮の中だけに出来るものなのですが、何らかの原因で卵巣や骨盤に出来てしまうことがあります。
これが子宮内膜症で、激しい痛みを伴うという特徴があります。
低用量ピルを服用していると子宮内膜が厚くならないので、子宮内膜症の症状改善効果が期待できます。
また、低用量ピルは女性ホルモンの配合された実薬を21日間服用し、7日間の休薬期間という28日のサイクルを繰り返します。
これによって生理の周期を整えることができたり、排卵をストップさせるため卵巣が休まり、低用量ピルの服用をやめると妊娠しやすくなるとも言われています。
肌にも効果があります。
低用量ピルはニキビの改善効果も期待できます。
ニキビの原因の多くは男性ホルモンの分泌量が多いため皮脂が過剰に分泌されてしまうことにあると言われています。
低用量ピルはホルモンのバランスを整えるため男性ホルモンの分泌量を減らし、ニキビの軽減効果があります。

関連記事