確実に妊娠を防ぎたいとお考えの女性は、低用量ピルを使いましょう。低用量ピルを正しく服用することで確実に避妊することが可能となります。それでは、低用量ピルについて説明していきます。

  • ホーム
  • 低用量ピルなら避妊は確実?

低用量ピルなら避妊は確実?

笑っている女性

女性にとって避妊は切実な問題です。
「今赤ちゃんは望んでいない」という場合、ピルの服用を検討してみましょう。
日本で避妊といえば、コンドームというイメージが定着していますが、コンドームの場合避妊率は約80%程度と言われています。
コンドームの場合、破損してしまったり付けるタイミングを誤る事で、避妊率がグンと下がってしまうのです。
一方、ピルの場合は正しく服用すれば、ほぼ100%の確率で避妊の効果を得られます。
最近はホルモン剤の量が最小限に抑えられている、低用量ピルが主流です。
急激に体内の女性ホルモンバランスが変わらない為、低用量ピルは副作用も起こり難いと言われています。
ただし、間違った服用方法の場合、避妊の効果は得られない為、その点は注意しましょう。
ピルにはエストロゲンと、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンと、同じ作用をするホルモン剤が含まれています。
エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が変化する事で、女性は排卵したり生理となるのです。
ピルを服用すると、女性ホルモンバランスが一定となり、排卵を起こす事がありません。
排卵しなければ妊娠する事は無く、確実に避妊の効果を得られます。
しかし、排卵を起こさない為には、毎日ピルを飲み続けなければいけません。
ピルの服用を勝手に止めてしまったり、1日以上服用を忘れてしまった場合、女性ホルモンバランスが変化し、排卵してしまう危険性があるのです。
確実に避妊の効果を得る為には、毎日ピルを服用する必要があります。
また、服用する時間もできるだけ、同じにする事が大切です。
同じ時間帯に服用する事で、さらに女性ホルモンに作用し排卵をストップできます。
避妊目的で低用量ピルを服用する際は、正しい服用方法を守る事が必要不可欠です。

関連記事
サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ